【アプリをリリースしました!!】
日向坂46暇つぶしの「ひ」
>>アプリ『日向坂46暇つぶしの「ひ」』


日向坂46(けやき坂46)のソロ曲を一覧にしてまとめてみた

日向坂46_ソロ曲一覧

このページでは日向坂46(けやき坂46時代を含む)のソロ曲を一覧にしてまとめています。

一言感想も添えていますので、参考にしてみてください。

今後ソロ曲が発売されたら本ページに随時追加していく予定です。



日向坂46(けやき坂46)ソロ曲一覧

佐々木美玲ソロ曲

『わずかな光』



収録CD けやき坂46デビューアルバム『走り出す瞬間』タイプA

※けやき坂46時代のソロ曲

心を閉ざしている「僕」に光を与えてくれた「君」という内容に、佐々木美玲のまっすぐな歌声がすごくマッチしていて私のお気に入りの一曲です。

加藤史帆ソロ曲

『男友達だから』



収録CD けやき坂46デビューアルバム『走り出す瞬間』タイプB

※けやき坂46時代のソロ曲

普段はふにゃふにゃした喋り方の加藤史帆が歌う切ない歌にグッときます。

特に最後のワンフレーズはすごく切ない歌詞なので覚悟して聴いてください。

『嘆きのDelete』



収録CD 日向坂46 5thシングル『君しか勝たん』タイプA

齊藤京子ソロ曲

『居心地悪く、大人になった』



収録CD けやき坂46デビューアルバム『走り出す瞬間』通常盤

※けやき坂46時代のソロ曲

齊藤京子の歌の上手さはファンにとっては周知の事実ですが、この曲ではソロ曲ということもあり、より一層歌の上手さと歌声のカッコよさを感じることができます。

上村ひなのソロ曲

『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』



収録CD 3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』タイプB

普段番組で観て感じている雰囲気と歌声のギャップに驚かされて、もっといろんな歌を聴いてみたいと思いました。
今後に期待ですね。


スポンサーリンク





【アプリをリリースしました!!】
日向坂46暇つぶしの「ひ」
>>アプリ『日向坂46暇つぶしの「ひ」』