【アプリをリリースしました!!】
乃木坂暇つぶし中
>>アプリ『乃木坂暇つぶし中』


松村沙友理の名言「妥協じゃないです!方向転換です」はどうやって生まれた?【乃木坂46】

松村沙友理_方向転換

皆さんは、初期の松村沙友理が生み出した伝説の名言「妥協じゃないです!方向転換です」をご存じですか?

このセリフは何年も経った今でも度々ファンの間で話題に上がっており、最近乃木坂46や松村沙友理を好きになった人たちにもぜひ知っておいてほしい名言です。

今回は「妥協じゃないです!方向転換です」が生まれた経緯を紹介しつつ、このセリフから分かる松村沙友理の頭の回転の速さについて解説したいと思います。

スポンサーリンク


「妥協じゃないです!方向転換です」が生まれた経緯

「妥協じゃないです!方向転換です」は2012年、乃木坂46初期の冠番組『乃木坂って、どこ?』#54「秋元真夏を徹底解剖&団結力UPゲーム」にて松村沙友理が生み出しました。

この回ではスタジオのメンバー16人で大縄跳びに挑戦し、46回跳べたらクリアという企画が行われました。

ルールは1人ずつ大縄に入っていき、16人全員入った時点でカウントがスタートするというものだったため、46回には到底及ばずに失敗続き。

仕舞いには日村さんも、

「オレ お鍋食べに行くんだよ」

と怒り出す始末。

そんな中、橋本奈々未がある提案をします。

「最初から全員入ってての46回は?」

その提案に対し設楽さんは…

「妥協ね?妥協ね?」

橋本奈々未は答えに詰まります。

そこですかさず松村沙友理が…


「妥協じゃないです!方向転換です」


これには思わず鬼コーチ役に徹していたバナナマンのお二人も笑ってしまい、提案が認められることとなりました。

ざっと、伝説の名言が生まれた経緯はこんな感じです。

それではここからは、ポイントを絞って松村沙友理の頭の回転の速さを解説していきます。

松村沙友理の頭の回転の速さを解説

ポイント1:橋本奈々未でさえ答えに詰まっていた

橋本奈々未は乃木坂46メンバーが受検した語彙・読解力検定で秋元真夏に次ぐ2位となり、後に行われたハロウィン企画では咄嗟の判断で名言「左折禁止」を生み出すなど、頭脳派で頭の回転も速いメンバーでもあります。
(橋本奈々未の名言「左折禁止」については、またの機会に取り上げたいと思います。)

そんな橋本奈々未でさえ、設楽さんからの「妥協ね?」という問い詰めに対して答えに詰まってしまっていました。

にも関わらず、松村沙友理はすぐさま割って入ってきて「妥協じゃないです!方向転換です」という返しを決めます。

これが、松村沙友理の頭の回転の速さが窺える1つ目のポイントです。

ポイント2:バナナマンのお二人も大笑い

バナナマンのお二人といえばテレビでも引っ張りだこの人気者で、特に設楽さんは某大喜利番組で何度も優勝している実績も持っています。

そんな一流芸人のお二人が、松村沙友理の返しで大笑いしたわけです。

日村さんに至ってはそれまで「お鍋食べに行く」と怒りの演技をしていたのに、床に突っ伏して笑っていました。

バナナマンのお二人を笑わせる返しを咄嗟に思いつける松村沙友理は文句なく頭の回転が速いと言えるでしょう。

スポンサーリンク





【アプリをリリースしました!!】
乃木坂暇つぶし中
>>アプリ『乃木坂暇つぶし中』